自由なドキュメントライセンスGFDL、クリエイティブコモンズと互換性確保へ

Clean desktop
Photographer Adski

GFDLは、フリーソフトウェア財団(FSF)によって作られたドキュメント用ライセンス。GPLっぽいことをドキュメントに対して実現できる。Wikipediaの記事は、このライセンスの元で公開されている。ただねぇ、細部がややこしくて使いにくく感じるんだよねぇ。最近では、ずーっと使いやすいクリエイティブ・コモンズ(CC-BY-SA)がある。
そのせいかどうかは不明ですが、FSFからCC-BY-SAと互換性を確保できるGFDL1.3がリリースされました。

※なお、クリエイティブ・コモンズは、細かな条件を組み合わせやすくできていて、GFDLはその一部と互換性を持つことになった。クリエイティブ・コモンズには商用利用禁止という条件もあり、こちらはもちろん互換性がありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください