シャープ、Ubuntu+OpenOffice.orgな小型ネット端末を発表。10時間駆動で4万5000円前後


Photo by sharp-netwalker

驚きました! 寝耳に水とは、このことか。

いやー、すでに大量の記事が上がっていますね。googleニュースを眺めていると、英語や中国語でも、かなりのニュースが流れています。おなか一杯かも。

Webサイトやカタログをながめてみた感じでは、Javaが非搭載っぽいので、OpenOffice.org差込印刷とかBaseは使えないかも。でも、それは基幹パソコンでやればいいし。あと、電子辞書が使えるという情報を載せているニュースもあるけれど、カタログだと分からないなぁ。

以下、リンク一覧。



シャープ、Ubuntu+OpenOffice.orgな小型ネット端末を発表。10時間駆動で4万5000円前後」への2件のフィードバック

  1. いやいや

    このマシンの革命的なものは2つあると思います。

    1. x86系CPUを使用していない。
    2.Linuxを使用している。

    しかし、シャープには、ザウルスという、非x86でLinuxを
    搭載したマシンを以前だしていましたから、それほどの
    インパクトがあるとは思えません。
    ただ、今という時期に出すことに意義があると思います。
    時代が早すぎたザウルスに漸く時代が追いついたと
    いう感じです。

    返信
  2. モバイルヲタク専用機になるのか、ライトユーザー層を取り込めるか?

    >ザウルスという、非x86でLinuxを搭載したマシンを以前だしていましたから
    むしろザウルスの後継機といった感じですかね

    >時代が早すぎたザウルスに漸く時代が追いついたと
    いう感じです。
    まさにそんな感じですね。

    果たして、これは一般の人を取り込めるんですかね?
    正直、4万5000円は少し高いと思うし、「パソコン」として使うのはちょっときついと思います。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です