今年は花見に行こう!

Sakura and Mt. Fuji / 桜(さくら)と富士山(ふじさん)

more photos

地震と津波と原発などのおかげで、世の中の多くの場所で大変なことが起きていることは今更言うまでもありません。そんな時だからこそ、ちょっと言っておきたい。不謹慎と感じる方もいることは十分承知ですが、一方で自粛続きで、ちょっと息がつまった感じも受けるのです。

ここらで気を変えないたほうが、よくないですか。
だから、今年はドーンと花見に行くのが良いと思うのです。
南から、桜の便りもチラホラ聞こえ始めてきたようです。

というわけで、今年の花見情報を整理してみます。
まず、桜の開花状況は、以下のサイトで確認できます。

“九州や高知では開花シーズンが始まっています。熊本からはお花見をしているというリポートも。皆のつぼみ報告から今年の桜の開花はスローペースであることが判明しています。それでも桜のつぼみは着実に成長中です。”(ウェザーニュース – 03/27)

四季があり、その変化を楽しめるところが、日本の良いところ。
流石に今年は、あまり目立ちませんが、すでに方々で桜情報ページがオープンしています。

きっと、今年の桜の様子も、震災の影響が少なかった西から、東へ北へ少しずつ届けられていくと思うんです。関東・東北方面でも、それなりに目処がつくころに、満開になっていればいいなぁと思います。

Cherry blossoms / Sakura / 桜

桜@別所沼公園(浦和)

桜

桜

上野公園の桜

桜

大宮公園の桜

石神井川 桜/Shakujii river blossom

つーか、人間がどんなに自粛しても、きっと桜は自粛してくれないよ。それが自然と言うモノだもの。

とはいえ、この時機に例年と同じようにやるのは、如何なものかというのもわからんでもない。

だから、今年だからこその花見のあり方というものが、あったりするんじゃなかろうか。適当に考えてみましたが、たとえば・・・

まあ、わざわざアンテナショップまで買いに行くのは、どうかと思うので、どこかのスーパーで、東北支援・花見弁当セットとか出してくれないかな。

いや本当、ビール呑みながらテキトーに書いています。まるでダメなアイデアもあると思いますが。まあね、心意気ですよ、精神論ですよ。大上段に振りかぶって、世の中の役に立つことなんか、なかなかできるもんじゃありません。

落語に「長屋の花見」(貧乏花見 – Wikipedia)というのがありますが、そんな感じで逆境こそ朗らかに行きたいものです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください