news」カテゴリーアーカイブ

Mozilla Public License(MPL)2.0が公開

2012年1月3日、オープンソースライセンス「Mozilla Public License」(MPL)のバージョン2.0が発表されました。

MPL2.0は、Mozilla.orgで読むことができます。また、すでにOSIのオープンソースライセンスならびにFSFのフリーソフトウェアライセンスとして認証されています。

MPL 2.0 FAQも公開されていますね。

Announceによると、MPL1.1からの主な変更点としては、

  • 単純で短いライセンス文にした
  • 最近の著作権法の変化に対応した
  • 貢献者のための特許保護の強化
  • ApacheライセンスやGPLとの互換性向上

という感じでしょうか(超訳注意)。また、このライセンス変更は、過去2年に渡って検討されてきたとあります。

マイナビニュースの記事では、「ここ数年、GPL系ライセンスを採用するプロジェクトは減少傾向にあり、MPLのような非コピーレフトでかつ制限の緩いライセンスが採用される傾向が見られるようになっている。」「MPL2はこのような流れにおいて、採用しやすいライセンスのひとつになる可能性も持っている。」としています。しかし、MPLは非コピーレフトライセンスではなく、“file-level copyleft”ライセンスです(リンクするモジュールは、コピーレフトの対象外)。だから、この記事の解説は、ちょっと飛ばしすぎな気がする。

PS.
マイナビニュースの記事は更新されて、「非コピーレフトで」という文言が削除されていますね。
ただし結論は修正なし。

マイナビニュースの「GPL減少は、複数企業支援と商用展開増のため」という記事で紹介された「451 CAOS Theory » The future of commercial open source business strategies」では、ライセンスの分類ごとの増減をグラフにして掲載しています。ここでは「No Preference」「No Copyleft」「Strong Copyleft」「Weak Copyleft」の4つに分類していて、「No Copyleft」だけが増加、あとはすべて減少しています。MPLは、「No Copyleft」ではなく「Weak Copyleft」に分類されるはずなんだけどねー。

もう少し説明すると、「No Copyleft」は、コピーレフトなしなBSDやMITライセンス。「Strong Copyleft」は強いコピーレフトを持つGPL/LGPL/AGPL。そして「Weak Copyleft」は、ゆるいコピーレフトを持つMPLやEPLとかね。


PFI社内セミナー資料、「著作権、権利って難しい 技術者もこれだけは知っておきたい知識」を公開

株式会社プリファードインフラストラクチャー(PFI)さんが、技術者向けの社内著作権セミナーのスライド「著作権、権利って難しい 技術者もこれだけは知っておきたい知識」をSlideShareで公開していますね。

著作権の基本的なところ(ソフトウエアライセンスとオープンソースの基礎となるところ)を詳しく解説しています。私の公開している資料なんかより、著作権のところとしては詳しくていいかも。


ストールマン講演、「コンピュータネットワーク時代における著作権とコミュニティ」

ZDnetに、リチャード・ストールマンがドイツ・ベルリンにあるブランデンブルグ科学アカデミーのデジタルイニシアティブ「TELOTA」10周年で講演した内容がレポートされています。


本物のファンは自炊しない ~ 東野圭吾氏、弘兼憲史氏など著名作家・漫画家が、スキャン代行業者を提訴

このブログでは、ライセンスと電子流通の話に注目しています。なぜなら、自由なコンテンツ利用は、複製・流通のコストがほとんどゼロになっていることが前提になっているからです。

一方、自分が所有する本をスキャンして電子化する「自炊」は、ちょっと毛色が違う話題です。流通というよりも私的な複製の手法的な問題だからです。

さて、東野圭吾氏、弘兼憲史氏など著名作家・マンガ家が、スキャン代行業者を提訴したそうです。ネット上のニュースしか読んでいないのですが、いちおうリンクをまとめておくと。

まず、こういう話があって。

それから、こうなりました。

これについての反応。

感想:

以前ライターだったころの個人的な体験では、裁断される分の書籍の印税ももらっていました。なぜなら、印税は販売数ではなく印刷数に応じて支払われたから。だから、裁断されても作者は、金がもらえるはずです。ま、今回の原告の皆さんは、チョー人気作家ですから格が違いますが。また最近は、印刷数がライターに報告されて、出庫されるた分だけ印税が支払われる、という出版社もあるのですが。

自炊による作家の金銭的な被害は、あると思います。それは、以前に紙の書籍を買った人が、電子書籍という別バージョンを再購入してくれないこと。つまり、今回の提訴は、おれの商売を邪魔するなってことだよな。

本物のファンは、両方買うでしょ。音楽なら、アナログレコードを買って、CDを買う。映像なら、ビデオを買って、DVDを買って、コレクターボックスを買って、Blue-rayを買う。各パッケージを視聴用と展示用と保存用に3つ買う。中身のストーリや文章だけを買うんじゃないよ。ただ、今までは書籍は、そういうコレクターズアイテム的な要素は少なかったけどね。それに、今後は、視聴用と展示用と保存用と電子化用に4つ買うようになるのかもしれない。

著作権者は、出版社に対して出版契約を設定します。書籍の購入者は、著作権者から利用許諾を受けていません。だから、書籍の購入者は、私的利用目的以外で複製できません。

今回の提訴は、すべてのスキャン代行業者を訴えていません。だから、サービスメニューの組み方で、サービスが生き残る余地はあるんじゃないかな。だって、ニーズはあるから。私的利用の許諾プロセスや裁断本の処理方法を厳密化するとか、業界団体で相互チェックするとか。

私には、紙で手元に残しておきたい本があります。私は本物のファンとは言えないでしょう。電子化したい本もたくさんあります。今のところやってないけれど、そろそろ自炊したい。

PS.
質問状がでた段階で、ただのにっきに書かれていた内容が的確かと。


Java向けRADツール「Spring Roo 1.2.0」、ライセンスをGPLからApache License 2.0に変更してリリース

VMware社の一部門であるSpringSourceが、Java向け開発ツール「Spring Roo 1.2.0」をリリースしました。スラッシュドットに、GPLの採用率が減少中という記事が出ていましたが、Spring Rooの本バージョンもライセンスをGPLからApache License 2.0に変更したそうです。このほかに、多数のパフォーマンス改善やユーザビリティの改良が加えられています。

SpringSourceやSpring Rooの位置付けは、下記のWebページが詳しく解説しています。

公式サイトは、こちら。


GNU GPL(およびコピーレフト条項を持つライセンス)の採用率が減少中

オープンソースのコード管理ソリューションを提供するBlack Duck Softwareは、オープンソース関連資料を集積したOpen Source Resource Center Software (OSRC)において、よく使われるオープンソースライセンスTop20を公開している。そのデータを調べた結果、GPL・LGPL・AGPLなどのコピーレフト条項を持つオープンソースライセンスの採用率が、どんどん低下していることが判明したそうだ。

GPLおよびその派生ライセンスであるLGPLやAGPLの採用率が加速度的に減少しているそうだ。

オープンソースソフトウェアのうち、GPLライセンスが採用されているのは約57%で、今年6月の61%から減少している。この傾向が継続した場合、2012年9月にはオープンソースソフトウェアのうちGPLを採用するのは50%以下になると予測されるという。

これはベンダーがGPLライセンスよりも自由なライセンスによるコミュニティアプローチを採用していることの現れとのことで、MITやApache(ASL)、BSD、またMs-PLといったライセンスが最近のトレンドであるそうだ。

この減少傾向はGPLv3が正式リリースされた2007年から始まっているとのこと。なお、元記事ではGPLv3の登場により「オープンソース支持者の好むGPLv2」と「フリーソフトウェア支持者の推奨するGPLv3」といった構図が生まれ、両者の溝が深まっていったこともGPL離れの一因となっている、との説を紹介している。
GPLの採用率、加速度的に減少中 | スラッシュドット・ジャパン オープンソース

個人的な感想としては、サーバーサイドで実行されるWebアプリケーションが増えて、GPLを適用する意義が減少している、コミュニティの核に財団や企業のような形態を持つことが増えてきて、開発者がフィードバックを得るために、コピーレフトを利用する必要性が弱まっている、とかあるんじゃないかな。

PS.


CC「BY-NC-SA(表示 – 非営利 – 継承)」であることに、むしろ驚いて欲しい

『Wired』誌創刊時の編集長ケヴィン・ケリーのエッセイ集。達人出版会からCreativeCommons「BY-NC-SA(表示 – 非営利 – 継承)」で登場。

ところで、twitterの反応では、本書が「無料」であることに驚かれている方が少なくないようです。しかし、どちらかというと、「無料」ということよりもCreative Commonsライセンスを使った「自由」な電子書籍であること、しかも「BY-NC-SA(表示 – 非営利 – 継承)」であること、の方にむしろ驚いて欲しい気もしています。第三者が翻訳を呼びかけ、それに応えて翻訳されたものがブログで公開され、それを読んだ者が電子書籍化する、という流れは、自由なコンテンツの活用を促す枠組みがなければありえなかったことです。
『ケヴィン・ケリー著作選集 1』を公開しました – 達人出版会日記

達人出版会は、志が高いので安心です。


インプレス、電子出版業界向け無料電子雑誌「OnDeck weekly(オンデッキ・ウイークリー)」を提供

インプレスグループの株式会社インプレスR&Dは、コントロールドサーキュレーション(特定読者向け無料雑誌)として電子雑誌「OnDeck weekly(オンデッキ・ウイークリー)」を提供だそうです。で、同日から登録読者に無料で提供すると発表したことで、親会社のインプレスの株がストップ高。へー。

OnDeck weeklyは、電子出版ビジネスの最先端情報に関心を示す読者によって支えられた無料メディアです。アンケートに参加していただいた方に無料で提供します。
今後主流になるとおもわれる電子書籍フォーマット(EPUB&Kindle)で発行。最新情報を最新フォーマットで入手したい方に最適です。
電子出版ビジネスのためのデジタルファースト電子雑誌 Impress Digital Weekly「OnDeck」(オンデッキ)

だそうです。電子書籍マーケットの立ち上がりを前にして、電子書籍”業界”ビジネスとしては旨いかも。

コントロールドサーキュレーションとは。


ITpro – オープンソースにいまだにある誤解

ITproで、久しぶりに生越さんのコラムが更新されていました。

「消え去るのみ」と思っていた私が、「やっぱり書こう」と思ったのは、twitterでの「とあるソフト」についての一連の議論でした。ここではそのソフトが何であるかはどうでも良い話ですし、関係者をdisする意図もないので、それが何であるとかのポインタは示しません。分かる人は「お察し下さい」ということで。

ということなので、今回は実例部分には立ち入りません(笑)。

このコラムで私が共感したポイントは「直接「技術」や「ビジネス」あるいは「コミュニティ」でない、その外側に案外理解されていないことが多いということに気がつきました。」というところ。

今でも、オンラインソフトを作る人は大勢いるわけで。そういう人たちも、ここ数年、オープンソースという言葉を目にする機会はずっと増えたはず。たとえば、FirefoxやOpenOffice.orgやFFFTP。あるいはWebサービスを作って見ようと思えば、やっぱりOSSは無視できないし。RubyのMatzさんのように、わりと普通の人からみてもロールモデルとかあこがれの存在になる人の例もある。

それでも結局、ほとんどの人にとって、オープンソースはどうでもいい。WindowsとMacの違いさえ、たいした違いではない。だから、オープンソースの側から、普通の人の側に立脚点をおいて、できるかぎり普通の言葉でオープンソースとライセンスについて語ることは、とても重要。


英スコットランド地方のSouth Ayrshire郡図書館、著作権切れの蔵書を電子書籍として発売

こんなニュースも見つけました。

そのうち希少本の「何でも鑑定団」が登場して、何でも電子ブック化してまわるんでしょうか(島田伸助はヌキ)。