FrontPage > Macで動作作成

マックで、アプリ操作を記録するような動画作成するときに使うツールについてのメモ

ウィンドウリサイズ

ウィンドウのサイズを調整したい場合、ブラウザだけならコレ。

Chrome

Safari

デスクトップキャプチャー

Screeny

フルスクリーンではなく、特定の領域を動画キャプチャしたい、一発勝負ではなく、同じ位置でくり返し動画キャプチャしたいという場合、QuickTime Playerよりも、こちらが便利です。 キャプチャ領域を指定でき、前回の指定領域を覚えておいてくれる。無料ツールです。

QuickTime Player

標準装備。気軽に操作を録画したいなら、これで十分。ただ、特定領域の指定にマウスドラッグが必要で、毎回やるのは面倒かな。

マウス操作の記録・再生

AppleScript

毎回いくつかの操作を自動的にやるためにAppleScriptを利用する。

Automator

Repeater

有料アプリかな

キー操作の記録・再生

作ってみた

AppleScript

QuicKeys

有料アプリ。30日のトライアルOK

その他

動画編集 > FinalCut Pro

  • データの階層構造は、ライブラリ>イベント>プロジェクト となっている。

動画編集を始めるには

  1. ライブラリの中にイベントを作る
  2. イベントの中にプロジェクトを作る
  3. プロジェクトの「設定変更」で動画サイズやフォーマットを指定する
  4. ライブラリに必要な素材(メディア)を読み込む
  5. プロジェクトのタイムラインにメディアを並べて、編集する

動画を編集するには

タイムラインのツールバーで、「ツール」ポップアップメニューを使う(選択とかトリムとかあるやつ)。このツールで、素材を切り貼りしていく。

動画を出力するには

  • ファイル > 共有 > 出力先を書き出す

「出力先を書き出す」がない場合は、「出力先を追加」しておく。

MP4で出力するなら、H.264を選択する。

関連ページ


  トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-16 (土) 00:19:55 (969d)