FrontPage

マイクロソフトPowerPointのスライドをスクリーンセーバーにしてみました。

イベントや展示会でスライドショーを流しっぱなしにしたいとか、そういうときに使います。

PowerPoint2010で作りましたが、2007とかでも、同じじゃないかな(未確認)。

2つの方式

方式は、2種類あります。

ひとつは、スライドショーを動画として保存して、動画再生スクリーンセーバーを使う。 もうひとつは、画像として保存して、それを紙芝居のように切り替えていく。

前者がおすすめ。Windows Vista以降では標準で、動画ファイルをスクリーンセーバーにできるらしい。Windows XPであっても、オンラインソフトで対応可能。

いっぽう後者は、割と簡単なんだけど、画面切り替えやアニメーションが再現できません。

動画でスクリーンセーバー

PowerPointのスライドショーを次のようにして動画として保存します。

  1. 「ファイル」-「保存と送信」-「ビデオの作成」
  2. 「ビデオの作成」ボタンをクリック
  3. 「名前を付けて保存」で、保存フォルダ名を指定する
    • (ファイル名を指定すると、それが自動的にフォルダ名になる)
  4. 「すべてのスライドをエクスポートしますか」で"すべてのスライド"を選択

次は、動画をスクリーンセーバーに設定します。これには、ムービースクリーンセーバーDXというオンラインソフトを使います。

  1. 「ムービースクリーンセーバーDX」をダウンロード
  2. ファイルを解凍したら、その中の"ムービースクリーンセーバーDX.scr"を以下のフォルダにコピー
    • C:\WINDOWS\system32
  3. デスクトップを右クリック-「プロパティ」
  4. 「画面のプロパティ」で「スクリーンセーバー」タブを選択
  5. 「スクリーンセーバー」として"ムービースクリーンセーバーDX"を選択
  6. 「設定」ボタンをクリック
  7. 「設定」ダイアログで「動画リスト」タブを選ぶ
  8. 「動画追加(ファイル)」ボタンをクリック
  9. 先ほどPowerPointで保存した動画ファイルを指定する

画像でスクリーンセーバー

PowerPointのスライドショーを次のようにして画像として保存します。

  1. 「ファイル」-「保存と送信」-「ファイルの種類の変更」
  2. 「イメージファイルの種類」で"JPEGファイル交換形式"を選択
  3. 「名前を付けて保存」をクリック
  4. 「名前を付けて保存」で、保存フォルダ名を指定する
    • (ファイル名を指定すると、それが自動的にフォルダ名になる)
  5. 「すべてのスライドをエクスポートしますか」で"すべてのスライド"を選択

次は、スクリーンセーバーの設定。このあたりはふつうにやって、"マイピクチャ スライドショー"を設定します。

  1. デスクトップを右クリック-「プロパティ」
  2. 「画面のプロパティ」で「スクリーンセーバー」タブを選択
  3. 「スクリーンセーバー」として"マイピクチャ スライドショー"を選択
  4. 「設定」ボタンをクリック
  5. 「設定」ダイアログで「参照」ボタンをクリック
  6. 先ほど、PowerPointで保存した画像ファイルのフォルダを指定する

  トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-07-12 (火) 08:49:02 (2709d)