Processing基礎最速入門に戻る

ビジュアルデザイン用プログラミング言語Processing(プロセッシング)で、音楽をならしたり、動きと連動させたりしてみたい。

とりあえず、標準のサウンドライブラリMinim(ミニム)の使い方を調べてみます。

Minim version 2.0.2を元に記述しています(2011-06-14)。

>>オススメのProcessing解説書

_

Minimの概要

Minimは、Processing環境で簡単に利用できるオーディオライブラリです。上級開発者と同じくらい、シンプルにスケッチと統合できることを目標にしています。コールバックとか、面倒くさいことは何もありません。Minimには、2つの種類があります。ライブラリに加えてサンプルとドキュメント、ソースコードまで付属したfull版(Minim 2.0.2 full distro )と、Processingで利用するライブラリ版(Minim 2.0.2 library only)です。ライセンスは、LGPLです。

とりあえず使ってみる

まずWindowsにProcessingをインストールしていた場合は、解凍したProcessingのファイルを「C:\」直下においたほうが良いです。

MP3ファイルを再生する

事前に、再生するMP3ファイルを入手しておきましょう。MP3ファイルは、以下にあります。

(Processingの本体フォルダ)\modes\java\libraries\minim\examples\LoadFile\data

それから、自分のプログラム(Sketch)のフォルダにdataフォルダを作成して、そこにMP3ファイルをコピーしておきます。

では、mp3を再生するコードです。

import ddf.minim.*;

Minim minim;  //Minim型変数であるminimの宣言
AudioPlayer player;  //サウンドデータ格納用の変数
 
void setup()
{
  size(100, 100);
  minim = new Minim(this);  //初期化
  player = minim.loadFile("groove.mp3"); //mp3ファイルを指定する 
  player.play();  //再生
}
 
void draw()
{
  background(0);
}

void stop()
{
  player.close();  //サウンドデータを終了
  minim.stop();
  super.stop();
}

プレーヤーを終了するときに、音楽も止めているのがポイント。

Minimのサンプルを試す

Processingには、いくつかのMinimサンプルが下記フォルダに付属しています。

(Processingの本体フォルダ)\modes\java\libraries\minim\examples
  • LoadFile
    • MP3ファイルを再生しながら、その波形をステレオで表示
  • LoadSample
    • kキーを押すとクリック音を再生
  • LoadSnippet
  • GetMetaData
  • AddListener
  • BandPassFilter
  • ForwardFFT
  • FrequencyEnergy
  • GetLineIn
  • GetLineOut
  • GetSetPan
  • LinearAverages
  • RecordLineIn
  • SineWaveSignal
  • UserDefinedEffect
  • UserDefinedSignal

参考リンク

Minimのサンプルファイルとかは、公式サイトのダウンロードから、Minimのfull版をダウンロードします。

download.png

ダウンロード先が、意外と目立たないので、見逃さないよう注意。

フリー音源

Minimのために、音源もいると思うので。


  トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
添付ファイル: filedownload.png 1993件 [詳細]
Last-modified: 2015-07-15 (水) 05:05:20 (1408d)