FrontPage > Programing > Webデザインと制作

WebアプリとかWebサイトを作るとき、当然Webデザインが必要になる。

見栄えがカッコイイと、それだけで品質も高く見える。

というわけで、Webデザインをやるときの関連資料をまとめました。

レスポンシブWebデザイン

スマートフォンやタブレットでも、パソコンでも見やすWebデザイン。それが、レスポンシブWeb。同じWebページが、デバイスの画面サイズに合わせて表示される。

いやもう、これは便利。作るほうも、最初から考慮しておいたほうがいい。

WordPressとか、デフォルトのテーマがレスポンシブWebになったし(Twenty Twelve)

というわけで、このWikiもブログも、そのほかも順次これに移行中。

参考資料

  • SimpleGrid すげーシンプルらしい。MITライセンス

HTMLフレームワーク

で、こういう機能とかデザインを盛り込んだHTMLフレームワークというのが、いろいろ配布されている。twitter Bootstrapが有名

基本的なこと

twitter Bootstrap

すげー有名らしい。レスポンシブのほかにも、いろいろできる。

Bootstrap 3

HTML Kickstart

個人的に使っているのは、これ。Bootstrapに比べると軽量・コンパクト(?)ということらしい。

LESS:CSS拡張メタ言語

レスポンンシブWebやCSSフレームワークのカスタマイズでも、使われているみたいなので。

CSSフレームワークのまとめ記事

Webサービスで必須となるHTMLとCSSのひな形。

特定のCSSフレームワーク

パーツ

関連ページ


  トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-05-09 (月) 15:52:00 (945d)