FrontPage

(このページは書きかけです。)

meadow0.png

Unix系のすごいプログラマの多くの人がEmacs(イーマックス)というテキストエディタ(というか統合デスクトップ環境)を使っているらしい。前からずっとモノにしたいと思って、何度も何度も挫折しているんだけど、それを今回こそ何とかしてみようという記録です。

手軽に始めたい人は、xyzzyがお薦めです。

ここでは、Meadowをそれなりにちゃんと使うことを目標にしています。私の場合、すでに2度ほどMeadowは挫折していまして、今のところXyzzyに転んでいます。手軽にEmacs風テキストエディタを使い始めたいならXyzzyがお薦めです。ただ、やはりEmacsのほうが情報が充実しているように感じたので、再度挑戦しています。これは、それをやりながら書いた記録です。

このページは基本的に、UnixとかEmacsとか知らなくて、パソコンといえばWindowsな人向けに書いています。

Meadowとは

Emacsというすごいテキストエディタの多言語対応版(もちろん日本語も対応)をWindows向けにしたやつ。WikipediaにあるEmascの説明では、次のようになっています。

日本ではフォントの扱いやIMEの扱いが優れていること、
日本語の情報が豊富なことからMeadowが良く使われている。

ただし、メニューは英語になるみたいです。

入手とインストール

ダウンロード

Meadow.orgでNetinstall版をダウンロードします。setup-ja.exeを選ぶと良いでしょう。Netinstallを使うと、Meadow本体をネットワーク経由でインストールしてくれます。

私の場合、3.00-dev版を試しています。

インストール

  1. ダウンロードしたsetup-ja.exeをダブルクリック
  2. ウィザードが表示されたら、「次へ」を押す
  3. "インターネットからインストール"を選択
  4. インストール先フォルダは、「C:\meadow」がお薦め。日本語名や空白を含むフォルダには正常にインストールできない場合があります。
  5. "ダウンロード先"を選択する(例 ftp://ring.nict.go.jp
  6. Image Magickのインストールが始まるので、これもインストール(エディタ画面内に画像を表示するためのツール)。

これで、Meadowのインストールが完了しました。起動すると次のような画面が表示されます。

meadow1.png

次の手順に従って、初期設定を行います。

初期設定(重要)

  1. 環境変数を設定する
    1. HOME:
    2. TZ:JST-9
  2. インストールフォルダ(例:C:\meadow)にある「dot.emacs.ja」ファイルをテキストエディタ(Meadowでも可)に読み込む。
  3. このテキストファイルを「.emacs」ファイルとして、同じ場所に保存する。

アンインストール

  1. インストールフォルダ(例:C:\meadow)を削除する
  2. レジストリの \HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\GNU\Meadow以下を削除する
  3. スタートメニューを削除する

コツ

チュートリアル

参考


  トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
添付ファイル: filemeadow1.png 1467件 [詳細] filemeadow0.png 1416件 [詳細]
Last-modified: 2015-03-09 (月) 19:17:02 (1372d)