xoops のバックアップの現在との差分(No.1)



  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
[[FrontPage]]

某所でXOOPS Cube 2.1(.3)をインストールしてみた、その記録。
テキスト情報を共有するだけなら、Pukiwikiで用が足りるのだけれど、ユーザー管理をしたり、いろんなツールを組み込んだりするときには、もう少し高機能なコンテンツ管理システム(CMS)があると便利。XOOPSは、そんな高機能な定番CMSのひとつ。

これは、某所でXOOPS Cube 2.1(.3)をインストールしてみた、そのときのメモ。
とりあえずMySQLに関する基本的な情報が集まっていれば、インストールはとても簡単。

*準備 [#ta9023b5]

次の情報を確認しておく

-データベースサーバのホスト名
-データベースユーザ名
-データベースパスワード
-データベース名

これは、レンタルサーバー(MySQLサポート付き)が教えてくれるはず。

*XOOPSの入手 [#v94fe690]
+[[XOOPS Cube日本サイト:http://xoopscube.jp/]]から最新の安定板をダウンロード。
+解凍したら、htmlフォルダの中身をサーバーへアップロード
--例:http//www.sample.com/xoops/

*インストール [#v54b4900]
+ブラウザで、アップロードしたディレクトリにアクセスする
+インストール画面が表示されるので、順次設定していく

&ref(xoops_install.png,center);

*参考 [#oa05da3a]
-[[うさぎにもできるXOOPS Cube入門:http://usadeki.jp/]]
-[[XOOPS Cube日本サイト:http://xoopscube.jp/]]


トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS