xyzzy のバックアップソース(No.3)


[[FrontPage]]

(書きかけ。というか頓挫したので大幅書き直し予定。)

Unix系のすごいプログラマの多くの人がEmacs(イーマックス)というテキストエディタ(というか統合デスクトップ環境)を使っているらしい。前からずっとモノにしたいと思って、何度か挫折しているんだけど、それを今回こそ何とかしてみようという記録です。

Meadowは、Windows向けのEmacsクローンのひとつ。

#contents

*インストール [#b90c5dd8]

+ ここからダウンロード
--http://www.meadowy.org/meadow/
--Netinstall安定版のsetup-ja.exeをダウンロードする
--ダウンロードしたファイルを適当なフォルダに放り込む
--これはインストーラーを起動するだけで、これが本体をダウンロードする
+ダウンロードしたsetup-ja.exeを起動すると、ウィザードがスタートする
+ウィザードの最後で、install.exeを起動し(ややこしい)
--Meadowのコマンドラインで、作業用ディレクトリを指定する(例:\home)
--これで、Meadow起動用のショートカットアイコンが作成される
+それからさらにImageMagickをインストールする
+初期設定
--初期設定のためには、テキストエディタの操作を覚えなくちゃならない。
--だけどまだMeadowの操作を覚えていない。
--そんな場合は、既存のエディタで設定ファイル(.emacs)を作っても良いかも。
--設定ファイルができるまでは、日本語の表示や入力がおかしい。

*困ったところ [#k953bc03]
-インストールウィザードだけでは、インストールが完了しない。
-メニューが日本語にならないのはナゼ? = 仕様
-そのままでは、日本語変換から入力できないゾ。 = 初期設定が必要
-コピペで文字化け = 初期設定が必要

*チュートリアルを読もう[#z5fd95d3]

Meadowは、Windows用テキストエディタなんだけど、操作がかなり独特。だから、最初の練習が肝心。楽器の弾き方を覚えるようなもんだろうか。身につけるまでは大変だけど、身体が覚えてしまえば、自由に音楽を生み出せるようになる(はず)。

Emacsは、Windowsが生まれる前から、マウスを使わずに効率よくテキストを編集するツールとして高い評価を得てきた。だから操作の基本は、キーボードショートカット。オーバーラップ式のマルチウィンドウでさえない。マウスは、あんまり使わなくてもいいが、慣れているところは使ったほうがラクだと思う。

さて起動したら、最初にチュートリアルをやる。

全部読むのに、3-4時間かかった。メモを取ったり、実験しながらだけど、それなりに集中力が必要になる。その気になったときに一気にやったほうが良いんじゃないだろか。

+「Help」-「Emacs Tutorial(Choose language) 」
+エディタ下部に、"ja"と入力

*操作一覧 [#m45a74eb]

-操作の中心はマウスではなく、キーボードショートカット
-Cキーは、Ctrlキー(を押しながら)
-Mキーは、Altキー(を押しながら)。または、Escキー(を押してから)
-複数のショートカットを組み合わせて使う場合は、画面下部の行に途中経過を表示
-この画面下部の行をエコーエリアとかミニバッファと呼ぶ(ことがある)

**起動 [#f029d8ca]
-スタートメニューから呼び出したり、ショートカットアイコンをダブルクリックしたり。
-ただし、デフォルトで開かれたウィンドウは、まっさらなテキスト編集領域ではない。
--これはそのままでは保存できない。
--テキストを作成し始める前に、テキストファイル名を指定する。

**ファイル [#yca8110b]
-ファイルを開くまたは新規作成 「C-x」-「C-f」-(ファイル名)
--新規作成する場合も、最初にファイル名を指定している。
-上書き保存する「C-x」-「C-s」
-指定したバッファを保存 「C-x」-「s」-(ファイル名)

 ミニバッファでは、上下矢印キーで履歴を表示する。
 ファイル名(あるいはウィンドウ名とかバッファ名)は、一番下のモードラインに表示されている。

**終了 [#m693d684]
-「C-x」-「C-c」

**ウィンドウとバッファ [#od6cae5d]
-バッファをひとつにする 「C-x」「1」
-バッファを切り替える 「C-x」-「C-f」-(ファイル名) 
--つまり、ファイルを開くのと同じ
--あるいは、「C-x」-「b」-(バッファ名)
-開いているバッファの一覧を表示 「C-x」-「C-b」 Buffer

 Emacsは、テキストファイルなどをバッファという単位で記憶している。
 バッファは、ウィンドウの中に複数に区切って表示できる。
 でも、最初は1つだけ。

**キャンセル [#ld029d89]
-アンドゥ 「C-x u」または「C-_」(つまり、Ctrl+Shift+(バックスラッシュ))
--ツールバーのアンドゥボタンも使える(なんて分かりやすい)。
--前置引数も使える
--再入できないモノも元に戻せる。
-操作のキャンセル「C-g」
-使用不可コマンド 確認行が表示されたら「スペース」or「n」

**移動 [#ydf4ba8f]
-ページ
--次ページ 「C-v」
--前ページ 「M-v」
-文字
--次の文字 「C-f」 Foward
--前の文字 「C-b」 Back
-単語
--次の単語 「M-f」 Foward
--前の単語 「M-b」 Back
-行
--次の行 「C-n」 Next
--前の行 「C-p」 Prev
--行頭 「C-a」 Ahead
--行末 「C-e」 End
-段落
--文頭 「M-a」 Ahead
--文末 「M-e」 End
-ファイル
--先頭 「M-<」(つまり「Alt+Shift+,」)
--末尾 「M->」(つまり「Alt+Shift+.」)

 「PgUp」や「PgDn」、矢印キーも使用可。スクロールバーやマウスホイールも有り。
 でもホームポジションから遠い。

**挿入 [#f3c26504]
 普通のテキストエディタと同様。
 前置引数が使えます。

**削除 [#q274abdb]

-文字
--カーソル前の文字を削除 「Backspace」
--カーソル位置の文字を削除 「C-d」または「Delete」 Delete
-単語
--カーソル前の単語を削除 「M-Backspace」
--カーソル位置の単語を削除 「M-d」
-行
--カーソル位置から行末までを削除 「C-k」 Kill
-段落
--カーソル位置から段落末までを削除 「M-k」 Kill
-範囲を指定して削除
--マウスでドラッグして、「Delete」
--範囲の先頭で「C-@」あるいは「C-(Spc)」、範囲の末尾で「C-w」

 消去(kill)と削除(delete)の違いに注意。
 deleteしたものは、再挿入できない(アンドゥで戻るけど)。
 消去(kill)したものを、再挿入することを再入(ヤンク:Yanking)と呼ぶ。

**再入(ヤンク?) [#ib26d0ab]
-最後に消去したモノを再挿入 「C-y」
-以前に消去したモノを再挿入 「C-y」-「M-y」
-前置引数で「M-y」の記録を移動できる
--例:「C-y」-「M-y」-「M-y」-「M-y」-「C-u」-「3」-「M-y」最後を3つとばす
--例:「C-y」-「M-y」-「M-y」-「M-y」-「C-u」-「-2」-「M-y」最後から2つさかのぼる

**コマンドの拡張 [#u721ad05]
-「C-x」-「(コマンドキー)」
--例:「C-x」-「C-f」-(ファイル名)
-「M-x」-「(コマンド名)」
--例:「M-x」-「replace-string」-(検索語)-(置換語)

**そのほか [#f9951bc2]
-画面の書き直し 「C-l」 (カーソル位置が画面中央に来る)
-数値入力 「C-u」-「(数値)」または「M-(数値)」
--前置引数、つまりこの後の操作を複数回繰り返す
--例:「C-u」-「3」-「C-n」3行次へ移動する
--例:「C-u」-「3」-「C-b」3文字前へ移動する
--例:「C-u」-「3」-「*」***を入力

*参考リンク [#e380e906]
-Meadowオフィシャル
--http://www.meadowy.org/meadow/
-Meadow FAQ
--http://www.bookshelf.jp/texi/meadow-faq/meadow-faq.html
-Meadow設定メモ
--http://niwaken.s6.xrea.com/tips/meadow.html
-Emacsクイックリファレンス
--http://www.unixuser.org/~euske/doc/emacsref/
-Emacs-wikipedia
--http://ja.wikipedia.org/wiki/Emacs
-xyzzyオフィシャル
--http://www.jsdlab.co.jp/~kamei/
-xyzzy page
--http://www.jsdlab.co.jp/~kei/xyzzy/
-xyzzy wiki
--http://xyzzy.s53.xrea.com/wiki/

トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS