Programing > Programing/Blockly2014 > ドキュメント

ビジュアルプログラミング言語を作るためのライブラリ「Blockly」の公式ドキュメントに関するメモ。

2014.10にリニューアルされた公式サイトをベースに、全体の構成と何がどこに書いてあるかを整理してみます。

以下、書きかけ。

なお、新しい公式サイトでは、ドキュメントのライセンスは「CC BY 3.0」、サンプルコードのライセンスは「Apache License 2.0」となっています。なので、このページのライセンスも、それに準じます。

About:Blocklyについて

Installation:Blocklyをアプリに組み込む

組み込みの概要 Installation

このドキュメントでは、Blocklyをコードエディタとしてアプリに組み込む方法を解説しています。

Blocklyの大体の動作と、HTML/Javascriptの知識を想定しています。

このページ全体が、Blockly組み込みの全体像の説明と、詳細ページへのリンク集になっています。

特に、Blocklyの初期設定とブロックのインポート/エクスポートについては、このページを参照しましょう。

ツールボックス Toolbox

コードエディタのサイドメニューとして表示されるツールボックスの設定方法について詳しく解説しています。

ツールボックスは、XMLで定義されており、ブロックをカテゴリで分類したり、グループにまとめることができます。

JavaScriptインタープリタ JavaScript Interpreter

コードを実行するとき、簡単なアプリなら eval() を使えばいいんだけれど、ユーザーブロックを安全に走らせる必要がある場合、独自のJavaScriptインタープリタを組み込む。JavaScriptインタープリタプロジェクトは、Blocklyとは独立したプロジェクトだけど、Blocklyを対象にししているため、ここで紹介されています。

Custom Blocks:カスタムブロック

Hacking:ハッキング

Support:サポート


  トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-25 (日) 00:00:22 (975d)