good_skill のバックアップソース(No.2)


[[FrontPage]]に戻る

#title("苦手なことを克服すべきか、得意なことに注力すべきか")

#ref(http://visualhunt.com/photos/m/2/modified-photo-wheres-1st-gear.jpg)

-Photo by [[Ken Whytock:https://www.flickr.com/photos/7815007@N07/14704305662/]]

~

まあたとえば、仕事に役立つスキルの向上を考えた場合、

苦手なことを克服すべきか、得意なことに注力すべきか、

どちらを選んだほうがいいか、といったテーマがあるわけです。

これは、個人にとってのキャリアプランの話であると同時に、

マネージャにとっての人材活用論/チーム論・組織論でもある。

~

今までは、苦手なことの克服を完全にあきらめないほうがいい、

そこそこになるくらいにはトレーニングしたほうがいい。

まだまだ若かったり、少し時間に余裕があるなら、

じっくりトレーニングするとか、基本的なところを理解するメリットもある、

と思ってた。

~

けれども、相手がいい大人の場合、

どうも「得意なことに注力したほうが良い」というのがあるらしい。

マネジメントの立場からも、

それぞれ得意なことに注力してもらって、

それをどう組み合わせるか考えたほうがいい、と。

1万時間も待っていられないし。

目の前の短期的な課題を解決するなら、できることからやるのが良い。

~

という訳で、そんな考え方に関する情報を集めてみました。

このページは、2015年12月22日に作成しましたが、

ときどき更新していく予定です。

~

* 出口治明さん [#ma105134]

最初に面白いと思ったのは、この人の発言でした。

-[[ライフネット出口治明さんの最強チーム論――「とにかく頑張れ」「名刺100枚もらってこい」は有害無益 | ベストチーム・オブ・ザ・イヤー:http://team-work.jp/feature/1371.html]]
-[[個人プレーに走る部下が、チームワークを乱す。リーダーとしてなにをすべきか 出口治明の「悩み事の出口」:PRESIDENT Online - プレジデント:http://president.jp/articles/-/14467]]
-[[部下を持ったら必ず読む 「任せ方」の教科書 「プレーイング・マネージャー」になってはいけない | 出口 治明 | Amazon.co.jp:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4041106176/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4041106176&linkCode=as2&tag=plaseboeffect-22]]

* ポジティブアプローチ [#n0519563]

次に、この考えに接したのは、このブログをたまたま読んだから。

-[[優れた従業員は会社を去るのではなく直属の上司を去っていく | Masafumi Otsuka's Blog:http://www.masafumiotsuka.com/2015/08/12_questions.html]]
-[[超優秀なプレイヤーは出世させてはいけない | Masafumi Otsuka's Blog:http://www.masafumiotsuka.com/2015/11/the_peter_principle.html]]
-[[バランスは取れていない方が良い | Masafumi Otsuka's Blog:http://www.masafumiotsuka.com/2015/10/unbalance.html]]

そして、見つけたのがこの本。

-[[さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす | マーカス バッキンガム, ドナルド・O. クリフトン, 田口 俊樹 | Amazon.co.jp:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4532149479/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4532149479&linkCode=as2&tag=plaseboeffect-22]]
-[[まず、ルールを破れ―すぐれたマネジャーはここが違う | マーカス バッキンガム, カート コフマン, 宮本 喜一 | Amazon.co.jp:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4532148677/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4532148677&linkCode=as2&tag=plaseboeffect-22]]

ちゃんと調査結果を元に、この結論にたどり着いているというのが、もっともらしい。

* エニアグラム [#p625029d]

いくつかの企業で、人事部門が性格診断みたいなのをやっていて、

その元ネタだったのがエゴグラムじゃなくてエニアグラム(まぎらわしい)。

実際にやってみると、けっこう、もっともらしい。

-[[エニアグラムで自己分析|エニアグラム無料診断:http://shining.main.jp/eniatest.html]]
-[[エニアグラム - Wikipedia:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0]]

これと良く似たのに、動物占いというのが1999年ごろはやったよねー。

-[[改訂版人間まるわかりの動物占い (小学館文庫) | Amazon.co.jp:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4094167552/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4094167552&linkCode=as2&tag=plaseboeffect-22]]

星占いとか、血液型と違って、

なぜこれが成立するのか、

神話化や似非科学化していないところが、ちょっと評価できる。

認知バイアスかも知れないけれど。

* 注意点 [#s4e62bf0]

とはいえ、

だからといって、

新しいことにチャレンジしなくてもいい、

スキルアップしなくてもいい、

ということではないと思う。

~

それでは局所最適化だし、思考停止になってしまう。

~

自分が目指したいところにたどり着くために、

何をすべきかは、どうやってたどり着くかは、

良く考えたほうがいいと思う。

-[[天才! 成功する人々の法則 | マルコム・グラッドウェル, 勝間 和代| Amazon.co.jp:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062153920/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4062153920&linkCode=as2&tag=plaseboeffect-22]]
-[[一万時間の法則は嘘 20時間で一人前のスキルを習得するコツ - ログミー:http://logmi.jp/12933]]

トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS