『ローマ字』を覚えるのは簡単です。

『ローマ字入力』には、もっと良いことがあります。
『あいうえお』の5個を覚えれば、半分覚えたことになるのです。

ローマ字では、2つの英語を組み合わせて「ひらがな」にします。
例えば、[K]と[A]で、「か」になります。
ローマ字では、必ず『A・I・U・E・O』を組み合わせるのです。

つまり、使うボタンの半分はコレになるので、
『あいうえお』を覚えてしまえば、 ボタンの半分は探さなくて済むのです。

このポイントを無視して、やみくもに探してもボタンはみつかりません。
でも、このコツさえつかめば、キーボードは楽勝です。

「そうは言っても、ローマ字を覚えるのが大変だよ」
そんな声も聞こえてきます。
たしかに『かな入力』なら、余計な暗記は不要です。

だったら簡単です。覚えなければ良いのです。
ローマ字が苦手ならカンニングしましょう。

このテキストでは、ローマ字の一覧表を用意しています。
これ印刷して、いつもパソコンの横に置いておきましょう。
組み合わせが思い出せなければ、それを見ればいいのです。
ボタンを探すよりも、その方が断然早いでしょう。

ずるい事なんてありません。
パソコンは実用の道具です。
学校の授業でも試験勉強でもありません。
とにかく、効率よく使えば良いのです。

それに、ローマ字は規則的に並んでいるので、
覚えるのはそれほど難しくありません。
カンニングするのは、ほんの少しで済むでしょう。
繰り返し使っているうちに、意外と覚えてしまうと思いますよ。

キーボードの50個のひらがなを覚える方が、もっと大変です。

「たった5個なら、すぐに覚えられるネ」