記事一覧

あなたはパソコンが得意ですか。

インターネットはできても、実はキーボードが苦手ではありませんか。

文章を入力するのにとても時間がかかって、
そのうえ打ち間違いや誤字がやたらと目立って、
修正したくてもやり方がわからなくて、
前よりひどくなって、そこであきらめてしまう。
そんな覚えがありませんか。

このテキストは、そんな人たちのために工夫したものです。
キーボードが苦手な人のために、
誰でも簡単にパソコンで文章を打つ方法を説明していきます。

華麗に、タッチタイピングで日本語入力する方法ではありません。
使うのは、ひと差し指で十分です。
これで、手書きと同じくらいのスピードが実現できます。

そのために、ローマ字入力と、日本語変換と、入力した文章の修正方法を
丁寧すぎるくらいに解説しています。

※このサイトの内容は、2001 – 2002年ごろに書いた記事を、2016年に一部書き直したものです。
そのせいで、表現方法など、今風でない部分があるかも知れません。

 

これは、犬のぱぶろふ。
自称・シベリアンハスキー

この解説の案内役です。

Part1.まずは、ここから

[catlist name=”part1″]

Part2.キーボードは、これだけでスラスラできる

まずは、キーボードを覚えるコツを紹介します。
いきなり練習を始めてもいいんですが
やみくもに取り組むより、全体像がわかっていた方が
ずっと効率がよくなるでしょう。

[catlist name=”part2″]

Part3.「あいうえお」でわかるキーボードの基本

いよいよ具体的な解説に入ります。
この章では、「AIUEO」だけを使って
キーボードの基本中の基本操作を学びます。
前章で説明したように、キーボードを身につける時には
3つのポイントがありました。

– 必要最小限のボタンだけ覚える
– ローマ字で入力する
– 変換と修正方法を身につける

この章でも、 このポイントが重要です。

[catlist name=”part3″]

Part4. ローマ字入力を覚えよう

キーボードの基本動作がわかったトコロで
今度は、ローマ字のルールを見ていきましょう。
すでに、”あいうえお”は入力できるので
残りのひらがなを覚えます。
AIUEOの場所が分かっているので
キーボードを探すのも、ずっと簡単になります。

[catlist name=”part4″]

Part5. 上手に漢字に変換しよう

ひらがなをマスターしたら、次はいよいよ漢字変換です。
ここでは、入力したローマ字を、
漢字まじりの日本語に上手に変換する方法を解説します。
この”上手に”というトコロがミソなんです。
漢字に変換できても、思いどおりに変換するのは結構たいへん。
日本語変換機能をオンにして挑戦してみましょう。

[catlist name=”part5″]

Part6.文章を修正するには

ここでは、文章の修正方法について勉強しましょう。
人間は、とかく間違えるモノです。
だから絶対に間違えない方法ではなく、それを直す方法が大切なのです。
それに、間違いを直すコトが、文章を磨き上げるコトにつながります。
ここでは、そんなテクニックも解説します。
修正がうまくできれば、あなたの文章は、もっと推敲できるようになりますよ。
[catlist name=”part6″]

Part7.色々な種類の文字を入力する

ここでは、いろんな文字の入力方法を説明します。
日本語入力では、漢字やひらがな・カタカタ・英数字を入力できますが
キーボードには、それ以外の記号もたくさん書いてあります。
これは、どうやって入力するんでしょう。
また、キーボードにない記号は、どうするんでしょう。
これを理解するには、パソコンのキーボードが
どんなふうに発展してきたか知ると良いでしょう。
[catlist name=”part7″]

Part8.日本語入力の仕組み

パソコンで文章を入力していると、わかりにくい動作がいくつも登場します。
このような現象を理解するには、日本語入力の仕組みを
ちょっとだけ知っておくのがお勧めです。
ややこしい話が少しだけ出てきますが、
マイペースでお付き合いくださいませ。

[catlist name=”part8″]

Part9.もっと早くなりたい!

日本語入力にまつわる色々な操作を解説してきました。
もうすでに、かなりのスピードで文章を書けるようになっているでしょう。
最後の本章では、日本語変換をもっと早くする方法を解説します。

タッチタイプも簡単に紹介しましょう。
[catlist name=”part9″]

あとがき

[catlist name=”afterword”]

関連資料

[catlist name=”reference”]